自動車整備士の年収はどのくらい?

by:

ビジネス/オフィス年収整備士

自動車整備士の資格を持っていると、大手自動車メーカーで就職することができる可能性を秘めているのでおすすめの職業の一つでもあります。ただし、整備士の資格を持っていれば花形の企業に全員が就職できるかと言えばもちろんそうではありません。大手自動車メーカーならば高い年収を期待することができるかもしれませんが、もちろん自動車整備士は大手メーカーだけでなく中小企業や下請けなどで活躍されている方も大多数いらっしゃるので、必ずしも高年収と言い切れるわけではありません。では、整備士の年収とはどのくらいのものなのでしょうか。

厚生労働省による平成30年の賃金構造基本統計調査では、平均年収が380万円~460万円となっています。業種別にみていくと大手自動車メーカーの場合は500万円となりますので、水準が高めの収入を期待できますが、大手整備工場で440万円、中小企業や自営業の車検工場になると400万円ほどに下がってしまいます。残業がない状態でこの平均年収であれば納得かもしれませんが、実は自動車整備士は意外に残業の多い仕事であり、さらに力を使う肉体労働でもあるので意外に仕事と収入は見合っていないと考えられる方も少なくありません。さらに収入アップも役職につかないとなかなか見込むことができないため、転職される方も中にはいらっしゃいます。

運送業関連の専門車両を扱っている企業であれば、収入アップを見込むことができることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です