整備士の資格を活かせる職場にはどんな所があるか

by:

ビジネス/オフィス整備士資格

整備士の資格を活かすことができる職場として代表的な場所は、自動車整備工場やカー用品店、販売店です。さまざまなお客さんから車を預かって、点検や分解などを行います。依頼内容によっては緊急性を要する場合があり、該当するケースでは短時間でやるべきことを定めて作業を終わらせる必要があります。工場や店舗で整備士の資格を持っている人の大半は1級もしくは2級であり、3級しか持っていない人はあまりいません。

3級を持っている人が行えるのは基本的な整備作業だけで、分解整備を行うためには2級以上を取得しなければならないからです。カーレースのメカニックも、車の整備に関する知識や技術が不可欠な仕事であり、整備士の資格を持つ者が活躍しやすい職場といえます。カーレースで使用する車両は、一般向けに販売されているものには無い仕組みが随所に盛り込まれており、メカニックとして仕事をしていくにはより専門的な知識が必要になります。また、カーレースの多くは速さや周回数を競う形式であるため、作業では正確さ、はやさ、チームワークが求められます。

自動車メーカーでの車両開発の仕事も、整備士の資格が役立つ職場の一つといえます。工場勤務の人と比べると直接車両をさわる機会は少ないですが、車の整備に関する知識や技術があることは仕事の強みとなるでしょう。整備士の資格を活かせる職場にはこの他にも、損害保険会社の技術アジャスターやテクニカルライターなどたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です